ペアーズ

Pairs(ペアーズ)のブロックと退会の見分け方!非表示との違いとは?

ペアーズ ブロック
  • Pairs(ペアーズ)でブロックしたらバレるのかな?
  • うざい人ブロックしたいけど非表示と何が違うの?
  • メッセージが消えて「退会済み」になってる

この記事ではペアーズのブロックや非表示のやり方、退会との見分け方などを説明しています。

ブロックされてしまう理由もまとめていますので、中々LINE交換やデートに結びつかない方は、参考にしてみてください。

Pairs(ペアーズ)のブロックとは?

ペアーズのブロックとは、その名の通り相手のアカウントをブロックする(自分と連絡を取れなくする)機能のことです。

これまでにTwitterやLINEのブロック機能を使ったことがある場合には、それらと同じなのでイメージしやすいと思います。

ブロックした側、ブロックされた側はどのように見えるのか?注意点などを説明をしていきますね。

1. お互いのプロフィールが見れなくなる

ペアーズでブロックをするとお互いのプロフィールが見れなくなります。

また、検索結果にも表れなくなるので、ブロックさえしてしまえば今後関わることがなくなります。

もう関わりたくない人や、関わられたくない人がいる場合には有効ですよね。

いいねやメッセージがしつこい相手は、あなたが「興味ない」ことを伝えたとしても、勘違いして何度もメッセージを送ってきます。

そんな相手をたったの1タップで「排除」できるのはすごく便利な機能ですよね。

2. 足跡やメッセージが消える

ブロックをされるとお互いのアカウントに一切関与できなくなります。

事前に足跡を付けたり、メッセージのやり取りをしていたとしても、それらは「ブロック後」全て自動的に削除されます。

もし、やり取りをしていた相手のメッセージが消えてしまったのであれば、ブロックされてしまった可能性があります。

やばい、知り合いに足跡残しちゃった・・・。』という場合でも、ブロックさえしてしまえば相手に足跡は見られません。

3. ブロックされた側には退会済みと表示されるのでバレない

マッチング後、メッセージのやり取りをしていた人からブロックされると、メッセージリスト上で相手には「退会済み」と表示されます。

これはペアーズの優しさ何でしょうかね・・・。

何回か経験をすると、「あ、これはブロックだな」と分かってくるようになりますが、それはご縁がなかったということで、そのやり取りを次に活かすべく、他の異性にアタックしにいきましょう!

また、あなたからブロックした場合には、そのアカウントはメッセージリストから削除されます。相手のメッセージリストには「退会済み」と表示されます。

4. ブロックは二度と解除不可能

一度、あなたが行ったブロックは解除できません。もちろん、相手があなたに対して行ったブロックも解除できません。

ですので、もし少しでも思い入れのある人がいたのであれば、少し嫌なことがあったからといって感情的にブロックするのはやめておきましょう。

後々、後悔に繋がります。

ペアーズには「非表示機能」があるので、もし感情的にブロックをしそうになった場合は、まずこの非表示機能を使って相手の通知をミュートしてください。

また気持ちが落ち着いたらミュートを解除したらOKですし、もし、落ち着いた状態でも相手をブロックしようと思ったならブロックしたらOKです。

大人の行動を心がけると出会いもうまくいきます。

5. ブロックと非表示の違いとは?

ペアーズには「ブロック」と「非表示」の機能があります。

これら2つの違いは相手からの見え方や解除の可否です。表でまとめたので参考にしてください。

  ブロック 非表示
見え方 「退会済み」と表示 変化なし
足跡 消える 非表示になる
解除の可否 不可 可能
メッセージ 送れない 送れるが通知なし

先ほど説明したように「感情的なブロック」はあなたにとって良い結果を生まないので、一時的にこの人と距離を取りたいなって思った時に使うのが「非表示機能」の役割です。

機能は使い方次第で結果が分かれるので、ぜひ、冷静に考えた上での対処をしてみてください。

Pairs(ペアーズ)でブロック・非表示をする方法

Pairs(ペアーズ)でブロックをする方法をお伝えしますね。

まずは相手のトップ画像にいき、右上の「・・・」をクリックします。

Pairs(ペアーズ)でブロック・非表示をする方法

次に「非表示・ブロックの設定」をタップします。

Pairs(ペアーズ)でブロック・非表示をする方法

最後に、上側の「自分の画面にお相手が表示されないようにしたい」が非表示で、下側の「自分とお相手の画面にお互い表示されないようにしたい」がブロックの設定です。

Pairs(ペアーズ)でブロック・非表示をする方法

いずれかを選択して、「設定内容を更新する」をタップしたら完了です。

Pairs(ペアーズ)のブロックと退会の見分け方

先ほど、ブロックをされた時は、メッセージリストに「退会済み」と表示されるとお伝えしましたが、「本当にそうなのか?」と確かめたくなってしまうのが人間の性ですよね。

ペアーズのブロックと退会は見分けることができます。

  • 別垢で再登録して確認する
  • 友達に確認してもらう

といった方法がありますので、詳しく見ていきましょう。

「本当に退会しているなら、何らかの事情があったのだろう」と割り切ることができますが、「ブロックをされた」場合には、ちょっと傷つきますので注意してください。

別垢で再登録して確認する

自己完結ですぐに実践できるのが、「別垢でペアーズに再登録して確認する方法」です。(別途Facebookアカウントが必要となります。)

もちろん、相手のアカウント名を覚えている前提の話になりますが、別垢から相手のアカウント名を検索してみましょう。

  • 表示された・・・ブロックされていた。
  • 表示されなかった・・・退会済み

ここでの注意点は、「再度、その相手にアプローチしない」ということです。

一度ブロックしてきた相手が、別アカウントを作ってもう一度アプローチしてきた、となれば普通にキモいだけですからね。

「その努力に感動した」

なんていう人はいません。もしその可能性が微塵にもあると思われたなら、ちょっと頭の仲がお花畑なので要注意ですね。

パートナーを作れる人の思考は、「ブロックされてたんだ。自分に過失があるなら、その原因を把握して、今度は同じミスを犯さないでおこう」と改善していくことにフォーカスすることです。

友達に確認してもらう

出会い系サイトをやっている別の友達に確認してもらえるなら、別アカウントを作るよりも手っ取り早いです。

特に「男性からしたらブロックされることなんて、よくあること」なので、昼食や飲み会の時などに同僚とかに最近の出会い系事情などを話しつつ、気になるアカウントのことを調べてもらうと良いです。

そしたら、

「えーお前もブロックされたんだ。俺もなんだよねー笑。また次頑張ろうぜ」

的な感じで、一人で悩むのがアホらしいくらい、次への行動に繋げられると思います。

個人的には、友達と一緒にパートナー探しを頑張るのはアリだと思うので、参考にしてみてください。

Pairs(ペアーズ)ブロックされてしまう理由とは?

ペアーズ ブロック 原因

ブロックをされたなら、その原因を考えて、次は同じことをしないようにしていく必要があります。「上手くいくことを継続して、上手くいっていないことは止める」のが、目標達成においてすごく大事ですからね。

そこで、あなたがブロックされた原因を考える参考として、「ペアーズでブロックされてしまう理由」をいくつか挙げました。

あなたの行動を振り返りつつ、当てはまるものはないか確認してみてください。

1. マッチング後、メッセージの相性が悪かった

プロフィール写真は、あくまで画像なので、その画像から「誠実そうで、優しくて真面目そうな人」を簡単に演出することができます。

しかし、その後、メッセージのやり取りにあなたの性格がにじみ出てきますよね。

マッチング後にブロックされている場合は、そのメッセージのやり取りが相手にとって不快感を与えてしまった可能性が高いです。

不快感を与えるメッセージにはいくつかポイントがあります。

  • 1通目から自己主張が強くないか
  • ガツガツしていないか
  • 早期からLINE交換を提案していないか
  • 相手のプロフィールに書いてあることを質問していないか
  • 下ネタを書いていないか

これらに1つでも当てはまる場合は、相手に不快感を与えてしまっている可能性が高いです。

メッセージのコツは「相手の立場になって、どんな言葉をもらえるとうれしいのか?」を常に考えることです。

あなたのパートナー探しが成功するために非常に重要ですので、確実に抑えておいてください。

2. 会ってみたが、イマイチだった

マッチング後、会うまではいったけど、その後にブロックされるパターン。

この場合、メッセージのやり取りなどは上手くいっている可能性が高いです。

あとは実際に会っているときに、どれだけ相手に興味・関心を示して、相手が喜ぶ言動をできるかに着目した方が良いです。

ペアーズ経由で出会うとはいっても、いきなり付き合うとかにはなりません。まずは、お互いのことを知り合って、仲を深めていく中で付き合うか付き合わないかを判断するものです。

つまり、「付き合わない」選択になったとしても、その後「友達でい続けられる存在」になれているかどうかは、パートナー探しにおいても重要だったりします。

友達になれる=人間関係を構築できている

ということですので、「友達にすらなれていない」っていうのは、結構危険信号かもです。

あなたは、パートナー探しを目的にしていると思いますが、もし相手がパートナーにふさわしくないと思ったとしても、しっかりと人間関係を築けるようになっていますか?そのようなコミュニケーションは人間として重要だと思いますので、「付き合うか、付き合わないか」だけで判断されていた場合は、ちょっと考え直してみてください。

3. 気になる相手ができた

相手に気になる相手ができた場合にブロックされるケースはあります。

これは、あなたにコントロールできないことなので、サクッと諦めましょう。

どうしても諦めきれない場合は、「次は絶対に成功させるぞ!」という気持ちであなた自身の人間力をさらに磨いたり、外見により気を遣ってみるなど、自己研鑽してみてください。

3. 元カノや友達にばれるのが嫌だから

出会い系は、その認知度自体は世の中にかなり広まっていますが、「実際にやっているところ」を元カノや友達にばれると、ちょっと恥ずかしいですよね。

ばれないため、知り合いを見つけてしまった場合にブロックや非表示をするケースはあります。

しかし、それらは多くの場合がパートナーの対象にならない(出会い系を使わなくても出会える)ので、ブロックや非表示をされても問題なしです。

出会い系を使っているのであれば、これまでに出会ったことがない人と出会うことが目的だと思うので、こういったブロックや非表示は気にせずに行動していきましょう。

まとめ

この記事では「ペアーズのブロック」について詳しく書いてきました。

ペアーズのブロックとは、「その名の通り相手のアカウントをブロックする(自分と連絡を取れなくする)機能のこと」でした。

今後連絡を取りたくない相手がいる時に便利な機能です。

もし相手からのメッセージが消えてしまったのであれば、ブロックされたか退会してしまったかを疑いましょう。

一度ブロックしてしまうと二度と解除できなくなってしまいますので、「非表示」という機能も上手に使ってみることをおすすめします。

ブロックは出会い系での出会い活動を頑張っていたら、誰しもが経験するものです。たった一度のブロックにめげる必要はありません。

あなたがブロックされる原因を解消できれば、もっと良い出会いが見つかるはずです!

ぜひ今回の記事を参考に良いペアーズライフをお送りください。