ペアーズ

ペアーズ(Pairs)の相性が変わる基準と上げ方!95%とはマッチングしやすい?

ペアーズ(Pairs)の相性やその基準とは?相性の上げ方まで徹底解説!
  • ペアーズの相性ってマッティングに関係あるの?
  • 相性って上げることは可能?
  • 相性が低い相手とはもう終わり?

この記事では、ペアーズの相性の上げ方などを説明しています。

意中の相手との相性が悪くて中々行動ができずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ペアーズ(Pairs)の相性とは?

ペアーズの相性とは、あなたと異性のプロフィールやログイン時間などからペアーズ独自の指標で計算された相性を数値化したものです。

異性の写真の左下あたりにある数字(パーセント)で確認できます。ハートマークの横にあるので、確認したらすぐにわかると思います。

ハートマークのアイコンは様々な色があるのですが、それは相性の度合いによって変わっているんですね。

具体的には80%以上が真っ赤なハート、80%未満が赤と白のハート、60%未満が白のハートといった感じに変わります。わざわざペアーズがここまで凝っているのは、それだけ相性が異性とのマッチ具合を左右するからだと考えられます。

つまり、異性との相性の比率を上げることに成功したら、それはそのままマッチングの確率アップなどに繋がるということです。

相性の数値は55〜95パーセントまで上がったり下がったりする

ペアーズの相性は、プロフィールなどの内容によって変わると言いましたが、気になる異性との相性が悪くても気にしないでください。

ペアーズの相性の数値は、55%~95%まで上がったり、下がったりをしています。

だから、気になった異性との相性が70%以下だった場合でも落ち込む必要はなく、”その人との相性が上がるように戦略的になったら良い”のです。

これから、気になった人との相性をアップさせるために使える、「ペアーズの相性の基準」について解説していくので、ぜひ、この原理原則を元に”気になる異性”との相性をアップさせて、良いパートナーをゲットしてみてください。

ペアーズ(Pairs)の相性の基準!変わる仕組みや上げ方は?

ペアーズ(Pairs)の相性の基準!変わる仕組みとは?

ペアーズの相性が決めている4つの基準をお伝えしていきます。これらの基準を知ることができたら、あなたが気になっている”異性”との相性をアップさせることができるので、ぜひ取り組んでみてください。

同じコミュニティに所属している

これがもっとも簡単で効果的です。

気になる異性が参加しているコミュニティをチェックして、その中で気になるものがあれば、同じコミュニティに入ってしまえばいいのです

あれこれ構わずコミュニティに入るのはオススメできませんが、異性の入っているコミュニティに興味を持てるものがあれば、入った方が良いですよね。

ちなみに、相手が入っているコミュニティはプロフィール欄を下にスクロールしたら出てきます。(以下の画像の赤枠がそうです)

ペアーズ(Pairs)の相性の基準!変わる仕組みとは?

実は、全く同じでなくても、そのコミュニティと似たようなコミュニティに入っていたら相性が上がりやすくなります。そのため異性が入っているコミュニティに入りつつ、そのほかの似たようなジャンルのコミュニティにも入ると良いですね。

例えば、「温泉大好き」というコミュニティに気になる異性が入っていた場合には、「温泉旅行行きたい」などのコミュニティに入るなどです。

こうすることで、気になる異性との相性をじわじわと上げていくことができます

プロフィールに共通点がある

ペアーズでは「プロフィールに趣味などの共通点が多いほど相性が良くなる」と言われています。

特に、プロフィールで重要視した方が良いのが、「休日」「居住地」「タバコ・酒」「結婚に対する意識」などの項目です。

またこれら項目以外でもう1つ重要なのがプロフィール。

プロフィールに書かれている単語が似通っていたらそれも相性アップに繋がるんです。意外かもしれませんが、こういった細かい項目を気になる相手と似せていくことによって相性がアップしていきます。

ログインする時間やログインしていない時間が似ている

ログイン時間も相性に関係してきます。

ログインをしている時間帯が似ている相手とは、活動時間が似ているためにマッチ後も円滑に恋愛をできる可能性が高い、という判断ですよね。

気になる相手がいる場合には、その相手がどのような時間帯にログインをしているのかをしっかりと把握していくと良いです。ちなみに相手のログイン状況はプロフィールで確認が可能になります。

過去にいいねをした相手と似ている

こちらはかなりテクニック的な話になりますが、過去にあなたがいいねした相手と似ていた場合に、相性がアップします。

ですので、気になる相手がいた場合には、その人と同じようなプロフィールや同じコミュニティの人たちにいいねをすることで、本命との相性を上げやすくなるということです。

とはいえ、この手法は回りくどいので先に説明した3つの方法をしっかりとやればOKです。それだけでも80%くらいまでは上げていくことができるので、ぜひやってみてください。

ペアーズ(Pairs)の相性95%の女性とはマッチングしやすいのか?

ペアーズ(Pairs)の相性95%の女性とはマッチングしやすいのか?

相性を上げた方が良いとはいえ、相性が高い人とは本当にマッチングがしやすいのか?疑問に思いませんか?

そこで実際にペアーズユーザーである私が、相性の低い人と高い人と区分けをして、どちらの方がマッチングをしやすいのかを実験する作業を行うことにしました。

実験内容は、相性の高い低いだけをみて、いいねを送る、送らないの判断をすることです。プロフィールをみてしまったら、その判断が鈍ってしまいますので「相性の数字のみ」をみました。

また、この実験開始時点で私が使うことのできる92のいいねを全て使っての検証になります。

実験してみた

結果、「相性の高い人の方が圧倒的にマッチングしました」

もはやこの実験の意味があったのか…という具合ですが、相性の高い相手からの返答率がとても高かったです。

確かに、この期間、私は相性にフォーカスが当たっていたので、異性のプロフィールを見るときには必ず相性をチェックしていました。

そして、その数字が60%台であれば基本的に希望すらもたない、もはやスルーくらいの勢いだったのですが、急に相性80%越えの人が出てきたら、一気に興味が湧くんです。

もちろん、最低限好みの顔である、ということは前提ですが、普通の顔の子でも相性が良いだけで、なんだか親近感が湧くんですよね。

実際に私がそうなんだから、私と同じように相性の高い低いで相手との親近感に違いを覚える人も出てくるんだろうなと思いました。

つまり、実験的には「相性は高い方が良い」ということがわかりました。

逆に相性が低い相手とはどう?

相性が低い相手とはほとんどマッチングしなかったです。

悲しきかな、すごく好みの女性もいたのですが、普通にスルーされてしまいました。

とはいえ、相性が高い人とマッチングできたので問題なし。

もし、あなたが本気で狙っている異性との相性が低かった場合には、この記事のメインで紹介した4つの相性を上げるテクニックを使うと良いです。相性は上げてからいいねなどであなたの存在をアピールした方が圧倒的にマッチングの確率はアップしますよ。

相性が高いとマッチング後にメッセージは繋がりやすい?

さて、ここも大事なところですよね。

相性が高い人とマッチングした後にしっかりとメッセージのやり取りはできるのか?ここはまた別の記事でも詳しく解説しますが、「徹底的に相手目線に立ってメッセージのやり取りをしたらOK」です。

逆に、自分都合で自己アピールしかできず、相手の興味を引けない場合には、メッセージは続きません。

誰でも自己中な人とは関わりたくないですよね。

なので、マッチング後のメッセージのやり取りは、相性の問題ではなく「あなた次第」なところがありますので、メッセージのやり取りを成功させる方法について書いている記事をしっかりと読み込んでください。

とはいえ、相性が高いということは、あなたと異性には共通点がいくつかある前提ですので、メッセージはかなりスムーズにやりやすいと思います。

まとめ

さて、今回の記事では「ペアーズ(Pairs)相性」について徹底的に解説してきました。

一見、プロフィールの左下にちょろっと記載されているだけの数値ですが、この記事を読んでいただくと、「実はペアーズも力を入れているマッチングに繋がる重要な指標の一部」であることに気づいていただけたかと思います。

記事内で紹介した以下の4つ。

  • プロフィールに共通点がある
  • ログインする時間やログインしてない時間が似ている
  • 同じコミュニティに所属している
  • 過去にいいねをした相手と似ている

これら意識していくことで、気になる異性との距離をグッと縮めることができるでしょう。

最初に気になる相手を見つけた際にたとえ相性が低かったとしても、テクニックを駆使していくことで「80%以上の相性」まで上げることが可能なので、焦らずにじわじわと気になる異性との相性を上げていきましょう。

それでは、あなたの良いペアーズライフをお送りください!